ウォーターサーバーのレンタルにおすすめしたい人気業者を比較ランキングでご紹介

ウォーターサーバー選びで失敗しないための口コミ活用法

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/02/16


大型商業施設などでウォーターサーバーの企業がよく出店しており、買い物客に自社商品の説明をするところをよく見かけるようになりました。ウォーターサーバーを使ってみたいと思っても、さまざまな企業から自社製品のメリットを聞けば、どの企業の製品を選べばよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで、失敗しないための選び方を紹介します。

ウォーターサーバーの歴史について

日本にも多数の企業があるウォーターサーバーですが、もともとはアメリカで生まれたものです。1910年ごろに飲み水が不足したことがあり、その時に美味しい水を長期間保存する方法はないものかと考えられたのが、サーバーの原点となるものでした。

そのサーバーには水をろ過できる装置がついていて、遠くまで水を汲みにいかなくても近くの水を利用できるようになり、アメリカ全土に広がっていきました。約20年後の1930年ごろから、アメリカではウォーターサーバーはビジネスとして活用され、50年後の1980年代に日本にも伝わったのです。日本にはもともと山が多く雨も降りやすいので、地下水や川の水が豊富で水不足で困ることがなかったといわれています。

しかし、産業が発達してきたことの副作用として、郊外や水の汚染などが問題になってきたのです。水道水は飲めるように浄化されていましたが、有害物質を取り除くための薬剤も多く使われていました。成分に対する不安から安全な水を求めるようになり、そのころからペットボトル入りの水や浄水器などの普及が増えてきたのです。

さらに災害が発生することが多い国であることから、水を求める声がさらに高まり、ウォーターサーバーへの興味も高まってきました。はじめのころはサーバーを設置するためには高い費用がかかったので、なかなか普及はしませんでしたが、次第に値段を下げるようになり一般家庭にも普及が加速しているようです。

ウォーターサーバーの特徴や各企業の違いについて

ウォーターサーバーのほとんどは、全国でも有名な天然水をパックに詰めてあり、そのパックが定期的に配達されて交換することで、いつでも新鮮な天然水を自動的に冷たい水と温かいお湯にして出せる機械です。ほとんどの企業ではサーバー自体は無償でレンタルし、定期的に配達される水が各企業の利益となるのです。

ウォーターサーバーの企業は多数ありますが、サーバーのデザインや水・湯の出し方、水のパックの素材、設置の仕方、天然水の採水地、料金などが異なります。よりよく利用できるために改良されながら、他社と競い合って会員数を増やしているのです。消費者は1つのウォーターサーバーを使っていても、使い勝手が悪ければほかの企業のサーバーに変更することができるでしょう。

しかし、多くの企業では2~3年間は解約できず、仮に解約する場合は違約金が発生するなどの契約条件があります。企業によっては違約金をキャッシュバックするというところもありますが、簡単に他社に乗り換えることはできない場合もあるのです。

そのため、選ぶときは1社だけの説明を受けるのではなく、複数のウォーターサーバーの説明を聞いて、自分に合ったところを選ぶことが大切です。各社の説明を聞いたうえで、水は重いので交換をするときは高い位置に挙げるものより下に置くタイプのものがよい、安価なものがよい、サーバーのデザインや大きさなど、それぞれ自分に合ったタイプを選べばよいのですが、口コミを見て一般的な意見を聞くことも、企業選びの参考になるのです。

ウォーターサーバー選びに口コミを参考にする

ウォーターサーバーの営業マンは、自社製品の説明をする際にはメリットを強調するので、実際に自宅に設置してみて使ってみたところ、使い勝手が悪かったと後悔することもあります。その点口コミならよいことも書かれていますが、悪い点があれば正直に書かれているものもあるでしょう。

どのようなものを購入するときも、実際に使ったことがある人からの口コミは、とても参考にできる材料です。いくらデザインが気に入っても「水のパックを設置するのが難しい」「夜中のモーター音がうるさい」などのデメリットが口コミに書かれていることもあるでしょう。

また「チャイルドロックがついているので子どもが触っても危なくない」「夜中のミルク作りが楽になりました」など、口コミを見るとメリットも知ることができます。

たとえ気に入ったウォーターサーバーがあって換えるつもりがなくても、口コミを見ることで「やっぱりこれを選びたい」という気持ちになることや、「そういうよくない部分もあるけど自分にはあまり重要なことではない」などということを事前に知ることができるので、契約後に後悔をすることも少ないのです。

水の価格や設置のしやすさ、小さい子どもがいても大丈夫かという点、デザインなどが選ぶときのポイントとなるでしょう。それらのポイントの中で、とくに重要視する点に関する口コミを見ることで、自分に合っているかを確認できます。

 

ウォーターサーバーには多くの企業があり、各社が競い合って宣伝をしています。するとどのサーバーを選べばよいのかわかりませんが、契約してから失敗したと後悔することがないようにするには、口コミを活用することが大きな決め手となります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧