ウォーターサーバーのレンタルにおすすめしたい人気業者を比較ランキングでご紹介

ウォーターサーバーを引っ越しする場合の手順・運搬方法を確認!

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/09/03


冷たい水と、温かいお湯がすぐに使えて、とても便利なウォーターサーバー。ご家庭に設置している人も少なくないのではないでしょうか。しかし、引っ越しする際には、ウォーターサーバーはどのように移動させたらよいのでしょう。今回の記事では、引っ越しをする場合のウォーターサーバーに関する手続きの手順や運搬方法を説明します。

引っ越しする際のウォーターサーバーの手続きの流れ

引っ越しが決まった際は、ウォーターサーバーの手続きも同時に進めていきましょう。まず、引っ越し先が配送対象エリアなのかを確認する必要があります。ウォーターサーバーの業者の中には、一部離島や沖縄などを非対応にしている業者も多いのです。ご自分の引っ越し先が配送対象エリアか、公式ホームページや電話で確認しましょう。

次に、ウォーターサーバーの会社に連絡します。その際、引っ越し先の住所と引っ越しの日時を伝えましょう。引っ越し先が配送エリア外の場合は、住所がわかった時点でウォーターサーバー会社に連絡しましょう。引っ越し先で、引き続きウォーターサーバーが使えるとしても、早めの連絡をするに越したことはありません。

さらに、サーバーの撤去、設置はどうするのかをウォーターサーバー会社に確認します。ウォーターサーバーの業者によって、引っ越しの対応が異なります。ウォーターサーバーの業者がサーバーの撤去、設置まで対応していないなら、引っ越し業者にお願いすることができるでしょう。

最後に、ウォーターサーバーの契約住所を変更する必要があります。仮に、引っ越し先が配送エリア外で解約することになった場合には、解約金を支払う必要が生じます。また、代理店が変わるなら同じメーカーのサーバーだとしても、サーバーを変える必要が生じることもあるので気をつけましょう。この場合、今まで使っていたサーバーを代理店に返却し、引っ越し先の代理店から新たにサーバーをレンタルする必要があります。

引っ越し先にウォーターサーバーを運搬する方法

引っ越し先にウォーターサーバーを運搬する方法としては3つの方法があります。

1つ目に、ウォーターサーバーの業者が運搬するという方法です。まず、自分が契約しているウォーターサーバーの業者は運搬に対応しているのか、どこまでやってくれるのかを細かいところまで確認しましょう。業者によっては、サーバーの撤去から設置まで全て行なってくれます。専門の業者に設置してもらうのが一番安心な方法だといえるでしょう。

2つ目に、引っ越し業者に運搬してもらう方法があります。引っ越し業者に運搬してもらう際には、あらかじめウォーターサーバーを運べるか確認をとっておきましょう。引っ越しの際には、サーバーの水抜きをしっかりした後に気泡緩衝材でしっかり包んで丈夫な段ボールに入れ、運ぶだけの状態にしておくとよいでしょう。また、引っ越し業者に「45度以上傾けないようにする」という、ウォーターサーバーを運ぶときの注意点を伝えておきましょう。トラブルを避けるためにも注意事項はしっかりと伝えましょう。引っ越し後の設置に関しては、自分でしなければなりません。メンテナンスをしっかりと行なってから使用しましょう。

3つ目に、自分で運ぶという方法があります。この場合は引っ越し前にサーバーの水抜きと梱包を済ませておきましょう。運ぶ際には、ウォーターサーバーを45度以上傾けないように注意しましょう。自分でウォーターサーバーを運んで故障した場合、保証対象外になることもあります。補償についても調べたうえで、細心の注意を持って運ぶようにしましょう。故障すると大変なので、自分で運ぶという選択肢はあまりおすすめできません。

ウォーターサーバーを引っ越しする際は水抜きが必須!

運搬時に水が漏れて故障の原因になる可能性もあります。また、水が残っていると衛生的にもよくありません。そのため、引っ越しの際にウォーターサーバーの水抜きは必須です。水抜きの方法はサーバーの種類によっても少しずつ異なります。一般的な方法としては、まず水の入っているボトルを取った後HOTのスイッチを切り、電源を抜いてコンセントを抜いて3〜4時間置きます。

次に、冷水と温水のコックを開けて残った水を出します。背面にも排出キャップがあるので、タンク内の水を出しておきましょう。温度を下げないまま水抜きすると火傷してしまう危険があるので、しっかりと時間を置いてから水抜きを行なうようにしましょう。全て水を出し終えたら、キャップの蓋をして完了となります。

 

ここまで、引っ越しをする際のウォーターサーバーに関する手続きや運搬方法について説明しました。「意外とすることが多いなあ」と感じたのではないでしょうか。しかし、早めに手続きを行なっておくなら、引っ越しのタイミングに合わせてウォーターサーバー業者を変えることもできるうえ、キャッシュバックなどを行なっている他社への乗り換えなども検討することができます。早めに行動して、引っ越し先でも快適にウォーターサーバーを利用しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧