ウォーターサーバーのレンタルにおすすめしたい人気業者を比較ランキングでご紹介

中古のウォーターサーバーを購入するときの注意点

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/30

ウォーターサーバーは費用がかかるからと、契約をためらってしまう方もいるかもしれません。しかし中古の機種を購入すれば、水の購入代だけでおいしい水を使えるようになります。ただし、中古であるウォーターサーバーのことをよく知った上で購入しないと、せっかく買ったのにトラブルになることもありますので注意が必要です。

中古のウォーターサーバーはどこで購入するか

ウォーターサーバーは、メーカーとレンタルの契約をして使用するのが基本的なスタイルです。費用としては、月々の水の購入代金とサーバーのレンタル料の両方が継続的にかかってくることになります。

できるだけ安い費用でウォーターサーバーを使いたいという場合には、リサイクルショップやオークションサイトなどを利用し、中古のウォーターサーバーを購入することも一つの手です。これなら月々のレンタル料金がかからないので、普段利用するのにかかる費用は水の購入代のみで済みます。

フリマアプリやオークションサイトであれば、スマホからでも簡単に検索することもできます。価格も安いものが多く揃っており、手軽にウォーターサーバーを入手することが可能です。リサイクルショップなどであれば実際に現品を見ることができますので、状態を確認して購入することが可能です。

ただし、中古でウォーターサーバーを購入するときは、メーカーと契約するときとは異なり注意するべき点がいくつかあります。中古購入のリスクや確認すべきことをしっかりとわかった上で検討しましょう。

まず知っておきたいのは、機種のメーカーから水を購入することが出来ない点です。機種によって対応する方式の水は違います。使用できるからといって、別のメーカーのタンクやウォーターパックを使うと、故障や水漏れの原因となるので絶対にやめましょう。購入前には必ず水の用意方法等を確認してください。これが事前に確認できない商品であれば、購入はおすすめできません。

中古の場合はメンテナンスを受けられない

メーカーと契約してウォーターサーバーを使用する場合、故障や修理が必要になった際には、メーカーから専門の人が来てメンテナンスが受けられます。ところが中古の場合は、このメンテナンスや修理を受けることができません。

メーカーの対応が受けられないとなると、故障したとしても、自分で直すか修理業者に依頼することになってしまいます。部品の調達やサーバーの交換ができないことも多く、自力での修理は難しいでしょう。また、業者に頼んだ場合は費用が高額になり、購入費用を上回ってしまう恐れもあります。

「購入したものがすでに故障や修理が必要なものだった」という場合も考えられます。メーカーと契約しているものであれば新品のサーバーが送られて来ますが、中古購入した場合には、管理状態が不明なことも多く、故障しているリスクだけでなく衛生面で問題がないとも言い切れません。

ウォーターサーバーは商品の性質上、きちんと清掃やメンテナンスを行っていないと、細菌やカビに汚染されるリスクが高いものです。正しい保管方法でなかったり、劣悪な環境で使用されていたりしたウォーターサーバーを購入してしまったら、せっかく健康に気をつけて水を使うようにしたのに、不衛生な水を飲むことにもなりかねません。口にするものだからこそ、衛生面には特に気を付けなければなりません。

オークションやフリーマーケットアプリでサーバーを探すときは、購入手続きをする前に、故障したときの対処方法や清掃方法に加え、出品されるまでの保管状態等を問い合わせておくことも大切です。

たとえ不良品であっても返品や交換ができない

中古購入の際に注意すべきなのは、その商品が不良品であっても返品や交換が難しい点です。出品ページに「ノークレーム・ノーリターン」と記載されている場合はとくに慎重になるべきです。

また、ネットトオークション等ではクーリングオフの対象とはならないため、後になって購入をキャンセルしたいと思っても対応してもらえません。中古品だからこそ、慎重に購入を検討することが重要です。 返品や交換ができないことを前提として、万が一不良品だった場合や、使わなくなった場合に、処分方法をどうするかまで考えてから購入することをおすすめします。

その点、中古でなくメーカーからレンタルする場合には、契約を解約した時点でメーカーがサーバーを引き取りに来てくれるので、処分の手間もなく安心です。 また、ウォーターサーバーのメーカーによっては、そもそもサーバーの転売を禁止している機種もあるので注意してください。これに違反していると、そうと知らずに購入したとしてもサーバーの返還請求や法的処置をとられる可能性があります。

中古でウォーターサーバーを購入する場合、衛生面はもちろん、メーカーから水の購入ができないことやメンテナンスが受けられないこと、返品・交換なども不可能であること等、さまざまなリスクがあります。費用の安さにだけ惹かれて中古を購入してしまうと、後々困ることになるかもしれません。これらをよく理解し、しっかりと確認した上で、改めて購入を検討してください。

 

ウォーターサーバーは蛇口を捻るだけで天然水が飲める上、冷水や温水などにもなってとても便利です。中古で購入する場合は、費用面では安く抑えることができますが、さまざまなトラブルの可能性も含んでいます。購入する前には、購入先や管理方法等だけでなく、そのリスクをしっかりと確認することが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧