ウォーターサーバーのレンタルにおすすめしたい人気業者を比較ランキングでご紹介

ペットボトルサーバーを選ぶと後悔するその理由とは?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/24

最近、大手の家電量販店等でもウォーターサーバーが販売されているのを頻繁に見かけるようになりました。この背景には、健康や水の質に対する意識の向上が考えられるでしょう。

そのようなウォーターサーバーの対抗馬として「ペットボトルサーバー」といったものが販売されていますが、これは本当に役立つものなのでしょうか。

ペットボトルサーバーとは

ペットボトルサーバーというのは、簡単に言うなればウォーターサーバーをかなり小さくデザインし直したようなものです。サイズは一般的なウォーターサーバーに比べてかなり小さく設計し直されています。

肝心なのはどのように水が供給されるのかということですが、これは市販のミネラルウォーターのペットボトルを下向きにしてセットするというのが一般的なようです。ペットボトルサーバーはネットショップ等で広く取り扱われています

ペットボトルサーバーのメリット

ペットボトルサーバーを利用するにあたっては、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

・・ペットボトルの水を温水と冷水で使える
もっとも大きなメリットは、ペットボトルの水を冷水としてだけでなく、温かい水としても使用することができるという点です。ペットボトルサーバーには水の温度を調節する機能がついているので、ある程度ユーザーが希望するタイプの水を選ぶことができます。

・・コストが安い
一般的なウォーターサーバーに比べると、ペットボトルサーバーはかなり安価で購入することができます。事実、「ウォーターサーバーが欲しいけれど、そこまでのお金が出せない」という方がこれらを購入されるようです。ペットボトルを差し込むだけなので、ランニングコストも安あがりなのも利点のひとつでしょう。

・・小さい
ペットボトルサーバーはその構造上、ふつうのウォーターサーバーよりもかなり小さくなっています。ですので、テーブルやキッチンにも置きやすいのです。

ペットボトルサーバーをおすすめできない理由

ペットボトルサーバーには以上のようなメリットがあり、一見優れているように思えます。しかし、この記事でリサーチした結果としては、ウォーターサーバーと比較してそれほどおすすめできるものではないという結論に至りました。その理由について解説していきましょう。

・・温度調節機能が十分ではない
ペットボトルサーバーはサイズや価格の問題上、機能的にはウォーターサーバーよりも劣ってしまいがちです。たとえば、ほとんどのペットボトルサーバーでは適切な温度の冷水や温水を出すことが難しくなっています。

一応それらの種類の水を「出せる」という触れ込みにはなっていますが、十分な温度調節が行えないためどことなく「ぬるさ」を感じることがしばしばです。夏場に冷水を飲みたい場合や料理にお湯を使いたい場合は少々困ってしまいます。

・・クリーニング機能が満足でない
ペットボトルサーバーをおすすめできないかなり大きな理由が、クリーニング機能の有無についてです。ウォーターサーバーにはセルフメンテナンス機能による水質管理の他、定期メンテナンスによって常に品質が保たれるようなサポートがなされています。しかし、ほとんどのペットボトルサーバーの場合、そうした機能は搭載されていません。

そうしたメンテナンス機能やサービスをつけるとコスト的に高くなってしまうだけでなく、サイズも大きくせざるを得ないからです。クリーニング機能の有無は、水質が長期的に保持されないというデメリットを生じさせます。

サーバー内にも汚れがたまってしまうので、ユーザーとしては常に汚い水を飲むことになってしまうのです。そのような状況では、健康的な不安を覚えざるを得ません。

・・ランニングコスト自体がそれほど安いわけではない
ペットボトルサーバーのランニングコストが安いと先ほど解説しましたが、それはあくまでもブランド性の高いウォーターサーバーを利用し続けた場合と比較してのことです。ペットボトルサーバー自体のランニングコストが絶対的に安いというわけではありません

その理由は、ペットボトルの容量の少なさにあります。市販されている2Lのペットボトルでは毎日使っているとすぐに無くなってしまい、頻繁な取り替えが必要となります。

特に夏場は水の需要が高まるので、しばしば交換しなければならなくなるでしょう。そのような状況ではペットボトル1本単位の金額は少なくとも、全体的にはそれなりの値段になってしまうのです。

・・ペットボトルの交換が手間
ペットボトルを頻繁に交換しなければならないということが、それだけ取り替えにかかる手間が生じるということです。取り替えた空のペットボトルはゴミとしてリサイクル処分しなければなりません。替える頻度が多ければ、それだけ捨てるゴミの量も増え、それにかける手間も時間も増えてしまうのです。

 

以上のような理由から、この記事ではペットボトルサーバーの利用はそれほどおすすめできないという結論になりました。購入しようと考えている方は、まずウォーターサーバーとメリットデメリットを比較した上で検討されてみた方がよいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧