ウォーターサーバーのレンタルにおすすめしたい人気業者を比較ランキングでご紹介

ウォーターサーバーは安いだけじゃダメ!重要視すべきポイントとは

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/01


ウォーターサーバーの人気は高まっていて、いろいろなメーカーから販売されています。しかし、選ぶとなると、どれにすればよいかわからない方も多いでしょう。導入してから後悔しないために最初にチェックしておきたいポイントを紹介します。比較検討する際安いだけで選ぶのではなく、自分のライフスタイルに合ったものを購入しましょう。

総合的なコストを調べることが大事

ウォーターサーバーの導入を検討する際に気になるポイントとして費用が安いことが挙げられます。しかし、総合的な費用を考えなければならず、サーバー代金や水の代金、送料や維持費などがどれくらいかかるか事前に調べておかなければいけません。

現在多くのメーカーはサーバーのレンタル代を原則無料にしており、毎月届く水の代金だけで利用できます。そのため、利用者が増えてきていますが、それ以外に別途費用がかかることがあるので注意が必要です。

たとえば、基本的にレンタル料金について無料になっているものの、水の利用本数によってはレンタル料がかかてしまう場合や、1年に1回業者によるメンテナンスを必要としたりなどさまざまなケースが考えられます。安いからというだけで選んでしまうと、予想外の部分で費用がかかって後悔してしまうことがないように、事前に調べておくことをおすすめします。

サーバーは24時間動くアイテムになるので、電気代も気になるポイントです。近年サーバーには省エネモードなどを搭載していることが多く、思っているほど電気代がかからない、消費電力が少ないものが多いです。あるメーカーのでは、ひとつきの電気代が約430円という非常に経済的なものがあります。一般的な電気ポットの場合、月900円ぐらい電気代がかかっているので、ウォーターサーバーの節電機能は優秀であるといえるでしょう。

おしゃれなインテリアとして活用する

ウォーターサーバーは以前よりもコンパクトになってきていますが、一般的に直径30cmぐらいで高さ1m以上あるものが多いです。それなりに存在感があるので、リビングやキッチンなどに設置する際、インテリアとして置けるかというデザイン性もポイントになります。

リビングには合わない、デザインに違和感のあるサーバーを設置すると、雰囲気を壊してしまうかもしれません。毎日使うものになるので、部屋にマッチした雰囲気のアイテムを選びたいものです。無難なのが白色を基調にしているサーバーで、存在をそれほど主張しすぎずにインテリアとして利用できます。

木目調の床などの部屋には黒色も人気があり、メーカーによっていろいろなカラーを選択することが可能です。おしゃれ上級者になると、わざと派手な色にしてインテリアのアクセントとして活用するケースもあるようです。ただ水を供給するアイテムとしてだけではなく、インテリアとして楽しむことができるでしょう。

おいしい水を飲むことができますが、その水はメーカーによって異なる種類のものを提供しています。たとえば、ミネラルウォーターは天然水ではなく、RO水など後でミネラル分を添加したものもミネラルウォーターといわれます。天然水と表記されているものは厳選された採水地で取水し、厳しい条件をクリアしたものが天然水として出荷することが可能です。希少で手間のいる水になり、RO水と比較すると費用が高くなりますが、自然そのものの味やおいしさを体験できます。

すぐに冷たい水やお湯が出てくる

水のボトルも大事なポイントですが、いくつか種類があります。ガロンボトルは従来のサーバーで利用されていた硬質プラスチックボトルで、飲み終えた後回収したり、洗浄して再利用したりすることが可能です。頑丈で再利用でき、郵送と回収の2回配送になるのでツーウェイボトルと呼ばれています。

ワンウェイボトルは飲む毎にボトルが縮み、コンパクトになるタイプです。飲み終えた後家庭で処分できるので回収する必要がなく、水のお届けのみになるのでワンウェイになります。新品ボトルで届くので、清潔で安心だと評判が高いです。

ウォーターサーバーにはさまざまなメリットがありますが、冷水や温水がすぐに利用できるだけでなく、温水は料理に使えるので重宝されています。暑い日に帰宅するとすぐに冷たい水を飲むことができるので夏場には最適です。サーバーを使うと、冷蔵庫に飲み物を保管する必要がないのでスッキリするでしょう。

ペットボトルなどが邪魔になって、食材が入らないということもなくなります。熱中症対策などに活用できたり、コーヒーやカップスープなど、温かいものをすぐ作ったりすることが可能です。いつでもお湯を使えるので、赤ちゃんのミルクを作るときでも、わざわざお湯を沸かさなくてよいので時間を節約できるでしょう。

 

ウォーターサーバーを選ぶにはいくつかポイントがありますが、安いというだけで購入しないようにしましょう。ペットボトルの水をよく購入する人やインスタントラーメンなどをよく食べる人におすすめです。日常生活をおしゃれに過ごすことができるだけでなく、災害時には備蓄として水を準備できます。種類もさまざまなので、自分のライフスタイルに適したものを見つけることができるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧