ウォーターサーバーのレンタルにおすすめしたい人気業者を比較ランキングでご紹介

子育ての強い味方!赤ちゃんのミルク作りに最適

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/08

いろいろな用途のためにウォーターサーバーを購入する方がたくさんいらっしゃいます。

そのような状況で「赤ちゃんのミルクを作るため」といった理由でサーバーを購入されるお母さんたちがいます。いったい、ウォーターサーバーと赤ちゃんのミルクにどのような関係があるのでしょうか。

ウォーターサーバーが赤ちゃんのミルク作りに向いている理由

お母さんが赤ちゃんのためにウォーターサーバーを購入する理由としては「ミルク作りに向いている」ということが主に挙げられます。どのような点でミルクと相性がよいのか、説明していきましょう。

・余計な成分が含まれていない

ウォーターサーバーが選ばれる理由は本体の性能自体もそうではあるのですが、やはり供給される水の質が高いということが大きいです。一般的な水道水、あるいはコンビニやスーパーで売られているミネラルウォーターとは大きく異なる特別な天然水が手軽に手に入るという点が、エコ指向の方から評判です。

そういった点が、赤ちゃんのミルク作りをよりよいものにしてくれるのです。お腹の弱い赤ちゃんにとって、不要な成分が入った水というのはよろしくありません。そこで、純度が高く品質のよいウォーターサーバーがミルクのための水として選ばれています。

・すぐに適度なお湯を出せる

ミルク作りはかなり手間がかかります。特に大変なのが、お湯を作る過程です。蛇口のお湯は調節が難しいですし、ポットのお湯は温めるのに時間がかかる上さらに冷ますための時間を取らなければなりません。

しかし、ウォーターサーバーからお湯を出すのに必要な手間はコックをひねるだけ。一瞬のうちにちょうどよい温度のお湯を作ってくれますから、ミルク作りがかなり楽になります。

・買い物の回数と荷物を減らせる

ウォーターサーバーが便利なのは、業者が定期的に補充用のボトルを配達してくれるということです。ミネラルウォーターをお店で買おうと思えば、あの重いペットボトルを家まで運ぶ必要がありますが、サーバーであれば自分は買い出しに行かずとも、向こうから持ってきてくれます。赤ちゃんのいるお母さんにとって、買い物の回数と荷物を減らせるというのは、かなり大きなメリットでしょう。

メリットはミルク作りだけではない

ウォーターサーバーのメリットはミルク作りだけではありません。

赤ちゃんだけでなく、他のご家族にとってもいろいろと役立ってくれます。

・赤ちゃんのお肌にやさしい

ウォーターサーバーの水、特に軟水傾向の強い水のよい点は、赤ちゃんのお肌にやさしいということです。赤ちゃんのお肌はとても繊細ですから、ちょっとしたことで腫れや傷が発生してしまいます。そのような場合、刺激的な成分があまり含まれていないウォーターサーバーの軟水であれば、柔らかな赤ちゃんの肌をやさしく丹念に洗うことができるでしょう。石鹸が泡立ちやすいのも魅力的です。

・離乳食づくりにも使える

ウォーターサーバーのお水はミルクだけでなく、離乳食作りにも使えます。ミルクほど神経を使わない方もおられるかもしれませんが、赤ちゃんの口にいれるものである以上、離乳食に使う水やお湯にもしっかり気を配っておくべきです。そのような場合、ウォーターサーバーの水はよい選択肢となってくれるでしょう。ミルク作りのためにつかっていた水をそのまま使うといったこともできます。

・食事の際の飲料水に大活躍

ウォーターサーバーは何も赤ちゃんのためだけにあるものではありません。子どもやお父さんお母さんまで、皆のために役立ってくれます。たとえば、ウォーターサーバーをリビングやキッチンに置いておき、食事の際気軽に飲めるようにしておくとよいでしょう。わざわざ冷蔵庫から飲み物の入った容器を取り出す必要がなくなりますし、おいしい水を手軽に皆で楽しむことができます。

赤ちゃんのためのサーバー選びポイント

それでは、赤ちゃんのためにウォーターサーバーを導入する場合、どのような点に気をつければよいのでしょうか。まず、水の種類については軟水のものを選ぶべきです。

硬水はマグネシウム等の成分が赤ちゃんにとっては刺激が強く、お腹を壊す原因になりやすいです。

ボトルの注文形式としては、こちらの手間を省くことの定期配達サービスをセレクトすれば、育児にかけられる時間を増やせます。

また、成長した赤ちゃんが勝手に触って火傷をしないよう、サーバー本体にチャイルドロックがついているものが望ましいです。それに加え、雑菌が入らないためのさまざまなフォローがなされているものをおすすめします。

 

ウォーターサーバーは大人たちだけではなく、赤ちゃんの健康にも貢献してくれます。だからこそ、どのようなものを選ぶべきか、事前に情報をリサーチした上でしっかりセレクトしたいものです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧