ウォーターサーバーのレンタルにおすすめしたい人気業者を比較ランキングでご紹介

インテリアとして映えるおしゃれなウォーターサーバーが欲しい!

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/08/20

最近はごく普通の一般家庭においてもウォーターサーバーが積極的に設置されるようになってきました。

月の利用料金がお手軽になってきたことに加え、「よりきれいでおいしい水を飲みたい」といったような健康的な指向に対する変化が起こったのがその理由でしょう。

さらにおしゃれ目的で購入する層も増えているのです。

ウォーターサーバーをおしゃれとして導入するメリット

ウォーターサーバーとおしゃれというのは一見あまり関係がないように思えますが、実はそうではありません。ウォーターサーバーにはこれにしかないさまざまなメリットがあり、おしゃれアイテムとしても高い効果を発揮してくれるのです。その理由について解説していきましょう。

・・水の質感が美しい
まず第一に挙げられるおしゃれとしてのメリットは、「水」に関するものです。多くのウォーターサーバーは上に水のボトルが取りつけられた形をしています。その水はとても透き通っており、光が当たるとちょうどよく反射してくれ、見映え的にとてもよいものです。それに加え、「部屋の中に水がある」ということが、気持ち的なうるおいを与えてくれ、ストレス軽減が期待できます。

「それなら水槽でもよいのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、それとはまた事情が異なってきます。たとえ生物を入れていなくても、水槽はホコリなどが入って汚れやすく、しかもそれ自体が温度調整を行ってくれるというわけではないので夏などには温度が高くなり、干上がってしまいます。どうしても場所をとってしまうというのもマイナスポイントです。それと比較すれば、ウォーターサーバーがインテリアとしてもかなり高いポテンシャルを持っているということが分かるでしょう。

・・「コポコポ」という音が心地よい
また、ウォーターサーバーが出す「コポコポ」いった水の循環音が好きだという方もいます。静かな夜のひととき、あの音がふと流れるだけでも、どこか安心感を覚えるという方もいるようです。「音のよいインテリア」というのもなかなか面白いものではないでしょうか。

特におしゃれなウォーターサーバーは?

ウォーターサーバーをインテリアとして導入するのであれば、せっかくならよりおしゃれなものを選んでおきたいものです。そのためには、いったいどのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。

・・カラー
なんといっても重要なのは、ウォーターサーバー本体の色です。インテリアにおいて色というのはきわめて大事な構成要素であり、色ひとつで良くなる、あるいは悪くなるといったこともしばしばです。ウォーターサーバーについても同じことが言えます。現在のお部屋によくマッチしたカラーのものを選ぶようにしましょう。

・・木目調サーバーはリビングによく合う
この記事を読まれている方々に注目していただきたいのは、木目調のデザインがなされたウォーターサーバーです。インテリアにおいて木目調というのは絶大な効果を発揮します。いかなる無機質な機械であっても、木目調にすることによって温かみや親しみやすさを持たせることができるのです。もし、リビングなど家庭的な空間にウォーターサーバーを置きたいのであれば、木目調のサーバーを検討されるのもよい選択ではないでしょうか。

・・丸みを取るか、角のあるものがよいか
ウォーターサーバーの「形」にも気を配ってみましょう。ほとんどのウォーターサーバーの形は「丸み」を帯びたものか、あるいは「四角形」に近い形のものかに分類できます。インテリアにおいては、こうした形の面も無視できません。無難な選択としては、開放的で居心地のよい空間にしたいのであれば前者、オフィスなどカッチリした雰囲気を出したい空間には後者がデザイン的におしゃれと言えます。

ウォーターサーバー導入時の注意点

ウォーターサーバーをインテリアとして導入したいのであれば、これから解説するポイントについては注意しておいた方がよいでしょう。まずは、ウォーターサーバーのサイズです。せっかくおしゃれなサーバーを見つけたとしても、置くための空間がないのであれば何の意味もありません。事前に本体のサイズをホームページなどでチェックし、その空間を確保できるかを確かめておいてください。

また、給水のためのコストについても把握しておきましょう。ウォーターサーバーの強みは、実用的なインテリアであるということ。水を消費すればお金がかかってしまいます。導入前には、給水時の金額をどれぐらい支払うこととなるのか確かめておいてください。

 

ウォーターサーバーは家電としてだけではなく、おしゃれなインテリアとしても有用です。ご自身のニーズに合わせ、積極的に導入を考えてみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧