ウォーターサーバーのレンタルにおすすめしたい人気業者を比較ランキングでご紹介

ウォーターサーバーの水には賞味期限あり?種類ごとの違いを知ろう!

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/08/19

食べ物に賞味期限があるように、もちろん水にも賞味期限があります。水の賞味期限を過ぎたら雑菌や不純物が繁殖してしまう恐れがあります。使い切れずにたまってきたウォーターサーバーの水があるなら、賞味期限が心配になるのではないでしょうか。この記事では、ウォーターサーバーの水の種類や賞味期限について詳しく説明していきます。

ウォーターサーバーの水の種類ごとの賞味期限の違い

ウォーターサーバーでは、天然水とRO水という2種類の水が使われています。それぞれの水には賞味期限に大きな違いがあるようです。

まず天然水は、開封前の約半年、開封後は約2週間の賞味期限となっています。「意外と短い!」と感じる方は多いのではないでしょうか。

天然水の賞味期限が短く設定されているのは理由があります。天然水は水の成分を活かすために、必要最小限の不純物しか取り除いていません。そのため、賞味期限は短く設定されています。

一方、RO水の賞味期限は約1年、開封後は約1ヶ月となっています。天然水と賞味期限が大きく違うことに驚いているのではないでしょうか。

天然水が採水地で取れたままの状態の水に対して、RO水は水道水が原水の人工的に作られた水です。不純物などが多い水道水をRO膜という細かい膜で、極限まで水分子以外の物質を取り除いているので不純物がほぼ除去された純水です。

RO水は、身体に影響のある物質の他にも、あらゆる成分を取り除いているので賞味期限が長くなっています。また、 RO水は天然水よりも価格が安いということも特徴です。安さを追求するのであれば、 RO水のウォーターサーバーはおすすめです。

ウォーターサーバーの水の賞味期限は、基本的に短めに設定されているということも覚えておきましょう。そのため、賞味期限が過ぎてしまってもそこまで長く過ぎていない限り、飲んでも問題はありません。

万が一、賞味期限が切れてしまったら?

出掛けることが多かったりする月があると、ウォーターサーバーの水を使い切れない時もありますよね。せっかくお金を出して水を購入しているのに、賞味期限を切らしてしまったらもったいないです。水の賞味期限を切らしてしまった際の水の活用方法を紹介します。

まず、煮沸して利用するという活用方法があります。熱を加えることにより、水に含まれる成分が死滅するのです。そのため、賞味期限が切れた水でも煮沸消毒するならば、問題なく使用することができるのです。賞味期限の水があるなら、お湯を使った料理をする際などに活用するのもよいですね。

また、災害時の備蓄用水として活用するという方法もあります。近年、全国的に災害が多く発生しているので、災害の備えをしておく事は大切です。災害時は断水になる可能性が高く、その場合には水道水が自由に使えなくなってしまいます。

もしかしたら長い時間、断水が続く可能性もあるかもしれません。いざという時に、生活用水として使えるようストックしておきましょう。

さらに、日常の生活用水として使用するという方法もあります。洗濯や食器洗い、洗車など生活のあらゆる部分に、水は欠かせません。水の節約にも繋がります。

加えて、アウトドアやレジャーに活用するという方法があります。キャンプなどを行う場合には、飲み水のほかに手を洗うための水があると便利です。特に子供連れで出掛ける時は、手を洗う水があると助かります。アウトドアに行く機会が多い方には、このような使い方はおすすめです。

水の品質を落とさないための工夫

ウォーターサーバーを設置しているなら、美味しい水を飲みたいですよね。ここからは、水の品質を落とさないための工夫を紹介します。

1つ目に、サーバーの水は、直射日光の当たらない涼しい場所に保管しましょう。サーバーの水を直射日光が当たる場所に保管しておくなら、水温が上がり水の質が下がってしまいます。

また水温が上がるなら、水の不純物や雑菌が繁殖してしまうので、賞味期限が短くなってしまう可能性があります。そのため、直射日光を避けて涼しい場所に置くことは重要なのです。

2つ目に、サーバー本体の定期的なセルフメンテナンスは欠かせません。清潔で美味しい水を飲み続けるためにも、メンテナンスは大切です。水の受け皿やコックの部分は特に汚れやすいので、頻繁にお手入れするようにしましょう。

また、サーバー付近のホコリや手垢なども定期的にチェックしましょう。ボトルの差し込み部分もアルコールで拭き取り、いつもキレイな状態を保つことが大事です。

3つ目に、水だけでなくウォーターサーバー本体も、できるだけ涼しい場所に設置しましょう。水と同じように、ウォーターサーバー本体も直射日光に当たるなら、雑菌が増えてしまいます。湿度の高い場所を避け、涼しい場所に設置するようにしましょう。

 

この記事では、ウォーターサーバーの水の賞味期限や水の種類について説明しました。水の賞味期限が切れそうになった際も活用できる方法があるので、参考にしてみてください。賞味期限やサーバーのメンテナンスにも気を付けて美味しい水を楽しみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧