ウォーターサーバーのレンタルにおすすめしたい人気業者を比較ランキングでご紹介

ウォーターサーバーの便利な活用方法について知ろう!

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/04/18


ウォーターサーバーは、飲料水としてだけでなく便利な活用方法がたくさんあります。今回は、ウォーターサーバーの便利な活用方法をまとめました。また、ウォーターサーバーを選ぶ際の注意点も紹介します。活用方法や注意点を把握し、ぜひライフスタイルに合ったウォーターサーバーを見つけてみてください。

ウォーターサーバーの基本的な活用方法

一般的に、ウォーターサーバーは冷水と温水を使用でき、あらゆるシーンで活用されています。まず、基本的な活用方法を見ていきましょう。

■飲料用に

多くのウォーターサーバーは4℃~10℃の冷水と80℃~90℃の温水を使用できます。水道水は気温によって水の温度が変わってしまい、夏はぬるく冬は冷たすぎて飲料水に適さない場合もあるでしょう。

しかし、ウォーターサーバーなら一年を通して一定した温度の水を飲めます。水分補給の飲料水として使用するのはもちろん、コーヒーや紅茶を淹れるお湯にも活用できます。

■料理に

ウォーターサーバーの水は、料理に使うのにも最適です。特に、水分が主役のスープづくりにウォーターサーバーの水はピッタリ。いつもの料理がより一層おいしくなるでしょう。ウォーターサーバーの水は軟水と硬質に分けられます。料理に使用するなら、軟水の水を選ぶと良いです。軟水を使用すると野菜や肉は柔らかく仕上がり、お米はふっくらと炊き上がります。

■インスタント食品に

ウォーターサーバーがあると、お湯を沸かす手間をかけずカップラーメンやカップスープを作れます。ウォーターサーバーの温度では物足りないのではないかと疑問を持つ人もいるでしょう。ウォーターサーバーの温水でもインスタント食品は、十分おいしく仕上がります。

中には、90℃以上に設定できるものもあります。インスタント食品を活用する機会が多い人は、90℃以上の温度を設定できるウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

ウォーターサーバーはこんな便利な使い方も!

次に、ウォーターサーバーの便利な活用方法を4つ紹介します。

■赤ちゃんのミルクづくりに

ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクづくりに便利です。粉ミルクで赤ちゃんのミルクを作るなら、粉末を熱湯で溶かし人肌に冷まさなくてはなりません。お湯を沸かしたり、冷めるまで待ったりと手間も時間もかかります。しかし、ウォーターサーバーなら冷水と温水を使用できるため、粉末を溶かすのも人肌に冷ますのも時間がかかりません。

■ペットの飲料水に

ペットの飲料水としてもウォーターサーバーは活躍します。一般的に、ペットに与えて良いとされている水は軟水です。ウォーターサーバーの中には、硬水のものもあります。もし、ペットの飲料水に使用する予定があるなら軟水のものを選びましょう。

■化粧水用に

ウォーターサーバーの水は、化粧水としても活用できます。化粧水として使用する方法は簡単です。スプレーボトルにウォーターサーバーの水を入れ、肌に吹きかけ軽くコットンで押さえるのみ。ウォーターサーバーの水は添加物や防腐剤が入っていないため、肌に吹きかけても問題はありません。そのため、長持ちはしないため、一度スプレーボトルに入れた水は早めに使い切るのをおすすめします。

■備蓄水用に

ウォーターサーバーは備蓄水にも便利です。災害時、水道が止まってしまってもウォーターサーバーがあれば困りません。健康な成人は、一日に約2.5Lの水を必要とします。水分補給ができなければ、体調が悪くなってしまうでしょう。災害時は水が不足しがちです。ウォーターサーバーを備えておけば水不足に陥る心配はありません。

ウォーターサーバーを選ぶ際に意識するべきポイント

最後に、ウォーターサーバーを選ぶとき、意識すべきポイントを4つ紹介します。ウォーターサーバーはさまざまな活用方法があり便利です。意識すべきポイントを参考に、自分に適したものを選びましょう。

■サイズ

ウォーターサーバーを選ぶとき、まずサイズを確認しましょう。水の質や機能面も大切ですが、サイズが合っていないと邪魔になってしまいます。ウォーターサーバーを設置するのを検討したら、置く場所のサイズを測り、適したものを選ぶと良いです。

■解約金

解約金が発生するか必ず確認するのをおすすめします。ウォーターサーバーの中には、一定期間契約を続けないと解約金が発生するものがあります。知らずに契約してしまい、いざ解約しようとしたとき費用がかかってしまってはもったいないです。

■注文ノルマ

注文ノルマがあるウォーターサーバーもあります。一般的に、1ヵ月に1回注文しなくてはいけない契約がほとんどです。ウォーターサーバーを選ぶときは、注文ノルマがあるか確認しましょう。必ず注文しないといけないとなると、後々負担となってしまう恐れがあります。特に、一人暮らしの人や長期的に家を空ける機会が多い人は、注文ノルマがあると不便に感じるでしょう。

■アフターフォロー

ウォーターサーバーを選ぶなら、アフターフォローが充実しているものをおすすめします。中には、契約後アフターフォローが充実していない会社もあるので要注意です。ウォーターサーバーは、容量やサイズに限らず契約後のアフターフォローが整っている会社を選ぶと良いでしょう。

 

ウォーターサーバーは飲料水以外にもさまざまな活用方法があります。1台あれば、日常生活がぐっと便利になるでしょう。今回紹介した活用方法を参考に、自分に適したウォーターサーバーを見つけてみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧