ウォーターサーバーのレンタルにおすすめしたい人気業者を比較ランキングでご紹介

天然水の定義って?どんな人が飲んでも大丈夫?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/28

ウォーターサーバーが人気である理由のひとつとして、「天然水」をはじめとする高品質な水が安定供給されるという点がありますが、天然水の定義について詳しく把握しているという方はそれほど多くないのではないでしょうか。

ここでは天然水がどのようなものであるかについて改めて考え、どのような人のニーズに合っているかを考えていきます。

天然水とはいったい何?

コマーシャル等でも頻繁に繰り返される天然水ということばですが、いったいどのような水のことを意味しているのでしょうか。この項目で具体的に説明を行っていきます。

まず、天然水の定義について簡単に説明すると地下水等にたまった水をくみ上げて利用したものです。たとえば市販されているミネラルウォーターには「〇〇の水」といったような地名が入っていることが多いですが、この場合その場所の地下水源等からくみ上げたものという意味になります。(ミネラルウォーターの中には人工的に加工されたものも存在しています)

天然水の定義に関して重要なのは、化学的な処理を行わないということです。たとえばふだん蛇口から供給される水道水は安全性向上のため、塩素注入や沈殿、加熱殺菌にろ過といったさまざまな処理を経て提供されます。しかし、天然水の場合、そうした処理は行われません。もしそれらを経由した上で提供されれば天然水とは言えないのです。

処理を行っていないと聞くと不安に感じられる方もいるかもしれませんが、ブランド性の高い場所でくみ上げられた天然水にはそれを補うほどの天然成分が豊富に含まれており、水道水に勝るとも劣らないほどの品質となっています。

天然水のメリット

天然水にはいったいどのようなメリットがあるのでしょうか。それに関して把握しておけば、ウォーターサーバー選びの際大きな助けとなってくれます。

・・なんといってもおいしい
天然水最大のメリットは「おいしさ」です。水道水の場合、安全性向上のために配合された塩素やカルキによって苦味が入ってしまったり、いわゆる「カルキ臭さ」が発生してしまうといったことがあります。しかし、そうした化学的な処理を経由しない天然水は水本来のおいしさを損なうことなくユーザーに提供されます。

・・上質なものは安全性が高い
意外に思われるかもしれませんが、天然水というのは安全性が高いです。豊富な自然環境の中で生み出された天然水は植物や腐葉土によって何十年もかけ、少しずつろ過されていきます。その過程で有害な物質も排除されるです。

・・水道トラブルを気にする必要がない
地震や渇水等の災害発生によって水道管にトラブルが発生すれば、水の供給はたちまちストップします。そのような状況下では、手を洗うことすら満足に行えないでしょう。ですが、ウォーターサーバーで天然水が安全に供給されている環境が確立されていれば、そうしたトラブルに悩まされることなく快適な生活を送ることができるでしょう。

天然水のデメリット

一方で、天然水にはデメリットも存在します。たとえば、コストの高さです。ウォーターサーバーの登場によって高品質な天然水も昔と比べてかなり安価で手に入るようにはなりましたが、それでも人によっては「水にわざわざお金を払うなんて」と感じてしまうかもしれません。

また、レベルの低い天然水は、味だけでなく安全性にも問題を抱えている可能性があります。場合によっては病気を発生させる菌が含まれていることもあるかもしれません。もっとも、これはメーカー側のモラルと品質管理の問題ではあります。

天然水をおすすめしたい人

天然水を満足して楽しめるのは、いったいどのような方なのでしょうか。

・・水の味にもこだわりたいグルメな人
多くのレストランやグルメマニアの方によって、天然水は愛用されています。水は料理の味にも大きな影響を及ぼすからです。料理の味にこだわる方は、水にもかなりこだわります。あなたがもし自負するほどのグルメ、あるいは料理好きであれば、天然水もきっと気に入るのではないでしょうか。

・・塩素アレルギーを持っている方
プールに含まれる塩素等によって肌の発疹や腫れ等の症状を訴える方は、少なからずいるようです。そのようなアレルギーを持つ方々にとっては、少量ではあれど塩素が含まれた水道水を飲むというのは不安でしょう。そのような場合、天然水が活躍してくれます。塩素を含まない天然水であれば、気兼ねなく安心して飲むことができるはずです。

 

日本人の健康志向は年々高まりを見せており、天然水の評価もそれに比例して上がり続けています。あなたが何かしらの「こだわり」を持っているのであれば、天然水ウォーターサーバーの導入を視野に入れるのも適切な選択です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧