ウォーターサーバーのレンタルにおすすめしたい人気業者を比較ランキングでご紹介

ウォーターサーバーのボトルの種類

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/11

水道水には塩素が含まれているため、そのまま飲むのがよくないと聞いたことのある人もいるでしょう。美味しくて安全な水を利用したいという場合、ウォーターサーバーを設置するのがおすすめです。一口にウォーターサーバーといってもさまざまな商品があるため、選び方のポイントを確認しておきましょう。

ウォーターサーバーの種類について

最近では、さまざまなメーカーのウォーターサーバーが登場しています。そのため、どのメーカーの商品を選んだらよいのか迷ってしまう人もいるかもしれません。しかし、ウォーターサーバーはどれも同じではありません。水の品質やコスト、タイプなど、それぞれが違っています

ウォーターサーバーごとに装備されている機能やサイズは異なり、セットするボトルの種類も違うため、用途に合ったものを選びましょう。もちろん費用についても異なるため、きちんと確認しておく必要があります。

ウォーターサーバーを選ぶ時にボトルについてはあまり意識していない人もいるでしょう。しかし、選ぶ時に正しく確認しておく必要があります。ウォーターサーバーに水を供給するボトルは、リターナブルとワンウェイという2つのタイプがあります。どちらのタイプも水を蓄え、サーバーに供給するという目的は同じです。しかし、配達される頻度や利用方法に大きな違いがあるので、知っておきましょう。

まず、リターナブルタイプは再利用方式となっており、水を使い終わったらボトルを回収することが特徴です。そして、回収したものを洗浄して再利用します。また、ワンウェイタイプは使い捨てで、ボトルの回収はしません。そのため、水を使い終えると、そのままごみとして捨てることができます。どちらの方式にもメリットとデメリットがあります。

リターナブルタイプの特徴をチェック

ウォーターサーバーのリターナブルタイプの大きなメリットとしては、ごみが出ないということが挙げられます。ウォーターサーバーを設置しても、ごみが出ないため、地球環境に配慮できるタイプだと考えることができます。

また、ウォーターサーバーのボトルは、意外と大きく、重いものです。そのため、毎日使用していると空のボトルが増えます。また、使っていないボトルも保管しておく必要があります。それによって、家の中で置き場に困ってしまうということもあるかもしれません。

リターナブルタイプなら、スペースを取ることがなく、家の中の空間を有効に使うことができます。再利用方式だと、回収が面倒に感じるかもしれませんが、スタッフが定期的に行ってくれるので、時間や手間はかかりません。また、設置方法がわからない時やトラブルなどがあった場合、すぐに対応してもらえるので、アフターケアについても心配ないです。

リターナブルタイプでは、容器を再利用しているため、衛生面が気になる人もいると思います。飲料水だから、容器の内部や設置面などが清潔に保たれている必要があります。もちろんリターナブルタイプのボトルは、衛生的な環境で洗浄されており、細菌などの付着をしっかり取り除いています。そして、安心な水を充填しているので心配する必要はありませんが、新品がよいという人にとってはデメリットとなるでしょう。

ワンウェイタイプの特徴をチェック

ウォーターサーバーのリターナブルタイプは再利用方式ですが、ワンウェイタイプは使い捨て方式となっています。ボトルの水を使い切ったら廃棄するため、地球環境にはあまり優しいとはいえません。

また、ごみが増えるだけでなく、使用前のボトルもあるので、家の中が狭くなり、置き場所に困ってしまうこともあります。さらに、ダンボールに梱包された状態で配達されるため、そのごみを捨てる手間もかかります。ワンウェイタイプにはごみが増えてしまうデメリットがあります。

しかし、使い捨てのため常に新品のボトルが使えることは大きなメリットといえるでしょう。容器の清潔さや衛生面を重視する人や、他人が使用したものを利用したくないと考えている人には、このタイプがおすすめです。

ワンウェイタイプの容器は定期的に捨てることになりますが、柔らかい素材で作られたものもあるため、潰して小さくしてから捨てることができます。また、ワンウェイタイプは空気が入りにくいというメリットもあります。そのため、新鮮な水が飲みたい場合もこちらがよいでしょう。

なおコストについては、ワンウェイタイプのほうが高くなっています。ワンウェイタイプは消費者が使いやすいように容器の品質や形状を工夫しているため、容器にコストが多くかかります。しかし、リターナブルタイプは容器を再利用するため、あまり容器にコストがかかりません。

 

ウォーターサーバーには、大きく分けて2つのボトルの種類があります。それぞれの特徴や料金、使い方などが違うため、どちらのほうが自宅に向いているか、考えてみましょう。最近では、さまざまなニーズに合った商品が各社から登場しています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧